トップページへ

探鳥会の参加者は、1人100円(会員以外は300円。大学生以下は無料)必要。
持ち物は、観察用具(双眼鏡・フィールドノート・図鑑)・弁当・水筒・雨具・名札等。
靴は軽登山靴くらいが適当です。
事前予約は必要ありません。当日直接集合場所にお越し下さい。
詳細の確認は、土曜日の午後2時〜6時までの間に支部事務所までお願いします。



日本野鳥の会ひょうごの電話番号 : 078-382-0489 (宮にレンジャク)

【注意】慎重に入力していますが、間違いがあるかも知れません。支部報「コウノトリ」で、あるいは支部に直接確認のうえご参加下さい。



加古川河川敷 8月3日(土) 「ツバメのねぐら入りを見よう」
集合場所 山陽電鉄「高砂」駅改札口前
集合時間 17:30
解散時間 20:00 頃
 身近な鳥、ツバメ・・・。でもこの時期、場所によっては、数千、数万のツバメが一時に舞い降りてくるところがあります。
夕闇せまる空に、ツバメの大群が舞い飛び、一斉に塒入りする瞬間との出会い、それはドラマです。
「鳥あわせ」が終わって見上げると夜空に夏の大三角が輝いています。


宇治川商店街 8月4日(日) 「事務所すぐの所でツバメのねぐら入りを見よう」
集合場所 湊川神社正門前
集合時間 17:30
解散時間 20:00 頃
 宇治川商店街の電線に来るツバメのねぐら入りを見ます。
目と鼻の先で、ツバメのねぐら入りが見られます。


親子バードウォッチング
神戸市立森林植物園 8月18日(日)
「朝は、室内ワーク(ビデオとはく製・古巣・卵・羽の展示とスタッフの話)、
昼からは、ヤマガラが子育てした巣箱の観察とミニバードウォッチング」

  共催 神戸市立森林植物園  後援 神戸市教育委員会
集合  朝の部 9:30 神戸市立森林植物園 展示館2F研修室
     昼からの部 12:10 森林展示館前
内容  朝の部 9:30〜11:00 鳥のビデオ(山野の鳥、わたり鳥など)。
     鳥のはく製、古巣、卵、羽などの展示とスタッフの話。
     昼からの部 12:10〜13:30 巣箱の観察「どんな鳥が使ったかな」につづき、ミニバードウォッチング。
参加対象 小学生以上の子どもと大人の引率者(小学生は大人の引率者が必要です)
参加費  無料 ただし、入園料(大人300 円、小人150 円)が必要です。
      ☆「のびのびパスポート」があれば、入園料も無料
持ち物  観察用具(ノートとペン、あれば双眼鏡も)
       飲みもの、帽子、雨具、歩きやすい靴。
       仲良くなれるよう名札も。
     (注意) 森にはスズメバチがいます。香水や黒い帽子・服は避けてください
申し込み 親子あわせて 40人限定です。
       神戸市立森林植物園へお申し込みください。
       ホームページからイベント申し込みフォーム、または電話・FAX でお申し込みください。
       神戸市立森林植物園 電話:(078)591−0253 FAX:(078)594−2324


親子で楽しむ野鳥クラフト作り 8月18日(日)
「森であそぼう夏休みこどもフェスタ」

場  所 神戸市立森林植物園森林展示館
時  間 10:00〜15:00
材料費  1個500円事前申し込み不要。当日受付。
 色をぬるだけでかわいい野鳥のブローチやストラップができます。
絵の具を使用します。絵の具がついてもかまわない衣服をご準備下さい。
 制作に必要な用具などは、準備していますので持参不要です。
野鳥の図鑑を見ながら作ってもいいし、頭の中で空想した鳥の色を自由に塗るのもいいです。
六甲山ではたくさんの鳥たちが生活しています。


室内例会 8月24日(土)
「作品(写真・ビデオ・DVD・観察記録なんでも)発表会」

開催場所 日本野鳥の会ひょうご新事務所
開催時間 15:00〜17:00頃
 発表者が作品を解説(データやエピソード、苦労話など)、質問や感想などを出し合い、
作品を通して楽しいひと時を過ごしましょう。
今回はイヌワシのデータを当会に寄贈してくれた三谷康則さんに「兵庫のイヌワシー56年間の歩みー」と題して、話していただきます。
研究部から新温泉町の巨大風力発電所の建設地の生息調査を報告してもらいます。
他に3人の方の発表を予定しています。楽しくて面白い室内例会にするため、ぜひご参加ください。
見学者は申し込みの必要はありません。ただし、今回は「ひょうご」の会員のみに限らせて頂きます。


あいな里山公園 9月7日(土) 「アカメガシワに集まる鳥たち」
集合場所 あいな里山公園(国営明石海峡公園神戸地区) 長屋門前(農村広場地区にあります)
集合時間 8:00 ※開園は7:30です
解散時間 11:00頃
交  通 神戸電鉄「藍那」駅から徒歩20分
      自動車利用の場合は、しあわせの村連絡口より入園(要駐車料500円)
      ※早朝の入園口は、しあわせの村連絡口および藍那歩行者口に限ります。
      集合に間に合うしあわせの村からの無料送迎バスはありません。
 渡り鳥たちは南へ帰るための栄養補給に大忙し。アカメガシワのレストランに集まるヒタキを探しましょう。
探鳥会参加費は無料、入園料(大人450円、シルバー210円、小中学生は無料)が別途必要です。
双眼鏡のレンタルあり。
※悪天候が予想される場合、前日のうちに中止の判断をすることがあります。
18:00以降に公園ホームページでご確認いただくか、担当までお問い合わせください。


武庫川 9月7日(土) 「渡り途中のコムクドリを見よう」
集合場所 西武庫公園東南角の入口広場
集合時間 9:00
解散時間 13:00頃
交  通 阪急「武庫之荘」駅北側のバス停(45番・46番)武庫営業所行に 乗車し、西武庫公園下車。乗車時間13分。
      車でお越しの場合、公園駐車場(6時間未満500円)があります。
 公園から武庫川左岸河川敷に降り、コムクドリの群れを探します。


  定  例  
神戸市立森林植物園 9月8日(日) 「鳥に秋を感じよう」
★早朝コース
集合場所 植物園内森林展示館前
集合時間 7:30(北鈴蘭台駅7:00発の送迎バスがあります。乗り遅れないよう注意!歩くと植物園まで約35分かかります。)
解散時間 11:00頃
★定例コース
集合場所 植物園内森林展示館前
集合時間 9:30(北鈴蘭台駅9:05発の送迎バスがあります。次は10:05発)
解散時間 12:30 頃
 秋の気配を感じながら朝の森を歩きましょう。入園料(大人300 円、小人150 円)が別途必要です。


猪名川 9月15日(日) 「こんなとこにもおるやん!!」
集合場所 阪急宝塚線「川西能勢口」駅東出口改札前
集合時刻 8:30
解散時刻 14:30 頃
解散場所 大阪空港「エアフロントオアシス」
最寄り駅 JR宝塚線「北伊丹」駅。解散場所より約1km。
 秋の渡り最盛期です。どんな鳥がどこにいるのか?地上や上空を探してみましょう。


甲山 9月23日(月・祝) 「秋のタカの渡り!!」
    共催 兵庫県立甲山森林公園
集合場所 甲山森林公園事務所前
集合時間 9:00
解散時間 13:00頃
交  通 @阪神「西宮」駅北側より阪神電鉄バス鷲林寺循環(東回り−新甲陽方面)7番乗り場8時25分発乗車、甲山森林公園前下車
      A上記バスが、JR「西宮」駅北側バスターミナルを経由します。8時31分発。
      B無料駐車場あり約50台。
 サシバ、ハチクマの渡りを楽しみましょう。


淡路島公園 9月23日(月・祝) 「タカの渡りを見送ろう」
集合場所 JR神戸線「舞子」駅改札口前
集合時間 8:30。淡路島より参加の方は、9時30分に淡路ICオアシス館入り口前にお 越し下さい。
解散時間 14:00 頃
解散場所 ハイウェイオアシス館前付近
 渡り途中のサシバ、ハチクマとヒタキ類の観察をします。


あいな里山公園 9月28日(土) 「秋の渡り本番」
集合場所 あいな里山公園(国営明石海峡公園神戸地区) 長屋門前(農村広場地区にあります)
集合時間 10:30 ※開園は9;30です
解散時間 12:30頃
交  通 神戸電鉄「藍那」駅から徒歩20分、自動車利用の場合は、藍那口もしくはしあわせの村連絡口より入園
      (要駐車料500円※駐車場からはトラムカー利用、もしくは徒歩)、
      しあわせの村から無料送迎バスあり(詳細は公園ホームページで)
 秋の渡りが最盛期を迎えます。森には渡りの小鳥たち、空にはタカ。思わぬ鳥たちとの出会いがあるかも。
探鳥会参加費は無料、入園料(大人450円、シルバー210円、小中学生は無料)が別途必要です。
双眼鏡のレンタルあり。
※悪天候が予想される場合、前日のうちに中止の判断をすることがあります。
18:00以降に公園ホームページでご確認いただくか、担当までお問い合わせください。


道場 10月5日(土) 「ノビタキを楽しもう!」
集合場所 JR宝塚線「道場」駅前広場
集合時間 8:30
解散時間 15:00 頃
 地味ながらかわいいノビタキをじっくり観察しましょう。


神戸電鉄粟生線支援探鳥会
明石川・近江寺の里山 10月6日(日) 「秋の田園と里山の鳥」

集合場所 神戸電鉄「栄」駅改札前
集合時間 9:00
解散時間 14:00 頃 福住(押部谷駅まで徒歩5分)
 廃線もささやかれる粟生線の支援探鳥会です。栄駅から押部谷駅まで、
懐かしい田園風景を残す明石川と近江寺の里山を巡ります。
モズの高鳴きと、ノビタキが秋の訪れを教えてくれます。
神戸で初めてオオタカの繁殖が確認され、当会に保護部ができた記念すべき地でもあります。




トップページへ